2019年01月21日 調査・研究

日本子ども虐待防止学会にてACTの発表がありました

2018年11月30日〜12月1日に、岡山県倉敷市民会館と川崎医療福祉大学にて、「日本子ども虐待防止学会 第24回学術集会おかやま大会」が開催されました。

JUPI(旧ACT事務局)より、「母子生活支援施設における虐待防止育児支援プログラム実施の意義および工夫と課題について〜ACTすこやか子育て講座を導入しての試み」というタイトルにて発表がありました。2018年1月から7月頃にかけて、母子生活支援施設の職員および入居者を対象に、ACTを実施した結果の報告です(2017年度植山つる児童福祉研究奨励基金による助成事業)。施設職員、臨床心理士、ファシリテーター、スタッフが連携をしながら、参加者の安全を確保しつつ、無事に講座を開催することができました。この成果を受けて、今年も同基金の助成のもと、親・養育者を対象としたACTを開催する予定です。

内容について興味のある方は、ぜひJUPIまでお問い合わせ下さい。